アイリス・アプフェル:湧き上がる自由な精神

世界で最もファッショナブルな93歳、自称‘年老いた新人’。『アイリス』は、ニューヨークのファッションシーンに多大なる影響を与える大御所アイリスを、撮影当時は87歳であった故アルバート・ネイズルス監督が撮り下ろしたドキュメンタリーです。ミセス・アプフェルは情熱的で、アート、テキスタイル、工芸品に対する強いパッションを抱いています。それらはオートクチュールを着こなしながら、教会の祭服、エスニックなジュエリー、大きな眼鏡、フリーマーケットで見つけたバッグをコーディネートするといった、彼女の独創的なスタイルに今でも影響を与えています。アプフェルは未だ、強い労働倫理観を持っています。彼女は夫婦共に、ホワイトハウスのインテリアデザイナーとして9人もの大統領に関わり活躍してきました。その他にも多くのプロジェクトに携わりながら、テキサス大学でも教鞭をとっています。アイリス、私たちはあなたを尊敬してやみません。

www.irismovie.co.uk
Facebook Pinterest